気象庁の積算(累積)雨量を見やすくしてみました

地球温暖化の影響なのか、毎年大雨による被害が各地で起きてますね。
自ら身を守るには被害を事前に予測する必要があると思いますが、いまはインターネットの発展によっていろいろな情報が入手できますので、そういった情報を活用するといいのではないでしょうか。

降雨の状況は「短時間」(いわゆる豪雨)と「長時間」(熱海で起きた土石流の原因のような)の2点で考える必要があると思います。
こういう情報は、気象庁の公式ページ

<"気象庁|最新の気象データ|降水の状況"
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/pre_rct/index24_rct.html

でも確認できるのですが、こちらのページは画像が小さくてちょっと分かりにくいと思いました。

ということで、気象庁の積算(累積)雨量を見やすくしてみました。

積算雨量(最大値) - 気象庁
http://backy0175.web.fc2.com/share/Cumulative_Rainfall.html

単に、気象庁が公開している画像情報を原寸で並べただけですが、いちいち各情報をクリックしなくてもいいのでより状況が判りやすいのではないでしょうか。

こういった情報を活用して、被害を未然に防ぐ、あるいは、被害を最小限にとどめられることを祈ってます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント