日本の祝日をGoogleスプレッドシートでデータ化しました

Googleスプレッドシートで祝日を考慮した管理表を作ることになり、そのために日本の祝日をGoogleスプレッドシートでデータ化しました。

画像

"日本の祝日"
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1FIY-BBpnd3c1Xs65nwSMq2DmBn_Ft810Za9YbiMdc60/edit?usp=sharing

元データは内閣府が提供している祝祭日データです。
国民の祝日について - 内閣府
https://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html

これに加えて、Googleカレンダーが公開している「日本の祝日」を元にデータを自動更新するようにしてあります。
(Googleカレンダーは、去年・今年・来年 の3年分しかデータを保持していませんが、新しい祝日のデータを Google Apps Scriptで簡単に更新できるので)

つまり、Googleスプレッドシート上で、vlookup と importrange を組み合わせると「日付」で祝日の判定ができるということです。
(ちょっと式は長くなるのですが、まぁ、これはしかたのないことでしょう)

祝日の判定:
=NOT(ISERROR(VLOOKUP(A8, importrange("https://docs.google.com/spreadsheets/d/1FIY-BBpnd3c1Xs65nwSMq2DmBn_Ft810Za9YbiMdc60/edit?usp=sharing", "日本の祝日!A:B"),2, false)))’

祝日の名称の取得:
=IF(ISERROR(VLOOKUP(A8, importrange("https://docs.google.com/spreadsheets/d/1FIY-BBpnd3c1Xs65nwSMq2DmBn_Ft810Za9YbiMdc60/edit?usp=sharing", "日本の祝日!A:B"),2, false)), "", VLOOKUP(A8, importrange("https://docs.google.com/spreadsheets/d/1FIY-BBpnd3c1Xs65nwSMq2DmBn_Ft810Za9YbiMdc60/edit?usp=sharing", "日本の祝日!A:B"),2, false))’

※ 条件付き書式で「カスタム数値」として「祝日の判定」を使うと祝日の部分だけ背景色を変えられるようになります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック