今日のメンテナンスは「台所の換気扇」

家の換気扇(シロッコファン型)は強風が吹いた後に油で固まったホコリがベアリングに噛みこんで回転ノイズが出るという持病がありますが、本日またノイズが出るようになりました。
しかも、そのノイズはいままでとは比べられないほど耐えられない五月蝿さでした。

GW真っ最中、マンションの管理業者は休みだし修理業者も休みだと思うので DIYで修理するしかないでしょう。

とりあえず原因を探ってみると、どうも軸の回転が重い + 噛みこみノイズという感じです。

なので、換気扇カバーと羽を取り外し → ファンハウジング一式を取り外し → モーターも取り外し → モーターハウジングを分割 です。

後ろ側のモーターカバーは簡単に外れたので、動きの鈍い後ろ側のベアリングにパーツクリーナーを少し吹きかけたら軽く回るようになりました。
どうも油で粘っていたようです。何度かパーツクリーナーを染み込ませたら十分軽く回るようになりました。


さて問題は前側のベアリングです。
こちらをメンテするにはモーター軸に横に刺さっているピンを抜いて前側のモーターカバーから取り外す必要があるんですが、これがどうしてもピンが抜けません。
ピンを抜く工具もありませんし、ピンを押し出せるような太さの釘もありません。
バイスプライヤで挟んで引っ張ってみるものの、それぐらいで抜けるようなものでもありませんでした。


ということで次善の策です。
とりあえず、モーターを組み立て直して、モーター軸を垂直にしてパーツクリーナーを軸に沿って少し吹き込んでみました。
するとなんとなく軽く回るようになったではありませんか。
直接ベアリングにパーツクリーナーを吹きつけているわけではありませんので軸に沿って吹き込むのを繰り返し、こちらもかなり軽く回るようになりました。
最後にスプレー式のグリスを吹き込んで潤滑も保持させておきます。

モーター軸を回すと少しゴリゴリ感は残りますがメンテ前に比べたらはるかにマシなので、外した部品を簡単に掃除して組み立て直したらおしまいです。

約30分ほどのメンテでしたが、部品を交換することなく換気扇のノイズが解消したのでヨシとしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • リベンジ:今日のメンテナンスは「換気扇」

    Excerpt: 先日、モーター軸に打ち込んであるピンが抜けなくて、ノイズが出ていた換気扇(シロッコファン型)に対してとりあえずの応急処置をしておきました。 Weblog: バッキーの日々是爆食 racked: 2018-05-08 10:57