テーマ:旅行

露天風呂に滑り台のある温泉 「ゆーぷる」

いつも食べてばっかりですが、たまには温泉でも。 ということで、南あわじの「ゆーぷる」という温泉に行ってきました。 正確には「南あわじリフレッシュ交流ハウス ゆーぷる」と言いまして、まぁ、これも箱物行政の一環なのだと思います。 でも、この手の施設にしては料金が安いですし、露天風呂に「滑り台」と「うんてい」があったり、サー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

旬の味覚 鱧づくしの宴

以前からずっと食べたいと思っていた「鱧づくしの宴」をようやく実現させることができました。 場所は淡路島です。 食事のみの場合は5500円5000円、食事+宿泊なら8500円と内容・価格ともにお値打ちでした。 でも、ここでお店の名前や場所を公開して宿に迷惑をかけたくないので、非公開とさせていただきます。 悪しからずご了解くださ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都の路地散策 「縄手通り」

四条川端通りの「京都南座」から一筋東側の「縄手通り」を北に上がると飲み屋さんが多くて、夜は飲み屋のおねえさんや飲み屋のお客さんなどが闊歩してます。 でも、昼間にここら辺りを歩くと健全な雰囲気ですし(当然ですが、笑)、古い街並みが良く分かるのでなかなか楽しいですよ。 さらに縄手通りをどんどん北上すると京阪三条駅まで行けるのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白川書院発行 「祇園祭のひみつ」

7月に入り四条界隈は「祇園祭」のシーズンに突入しました。 祇園祭をイメージさせる提灯が出ていたり、コンコンチキチキというお囃子がBGMで流れていたりとなかなかいい感じです。 ところで、「祇園祭」って1ヶ月間かけていろいろな行事を行うってことをご存知でしょうか? バッキーもあまり詳しくしらなかったんですが、先日ご紹介した「月刊京…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都のディープな情報誌 「月刊京都」

突然ですが、「月刊京都」ってご存知ですか? 「月刊京都」は白川書院が発行する由緒正しき地域情報誌で、発行の歴史はなんと50年以上も続いているんですよ。 雑誌の内容はその時期おりおり京都の情報はもちろんのこと、京都の習慣や作法、ふだんは気がつかないような裏路地の美味しいお店の紹介など、京都に住んでいても「へえ~」と思わせるよう…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

帰りも船旅を満喫です

高松まで来ているので本州に戻るのにまたもやフェリーを利用しました。 天気も良く旅の終盤を飾る船旅もまたいいもんですね。 高松港の出航直後です。 ずいぶんと離れてしまいました。 進行方向の左手(西)には瀬戸中央道が見えてます。 とりあえず、これで今回のロングツーリングに関するブログは終了です。 さて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新緑の香りが漂う 「大歩危・小歩危の吉野川」

高松から琴平までは国道32号線がほぼ2車線になっていてとても快調に走れます。 でも、そういう道は取り締まりも多いので、焦らずゆったりとした気持ちで走りましょう。 で、さくさくと進んで大歩危・小歩危に到着です。 新緑の青臭い香りが漂ってますが、これぞ5月って感じですね。 この時期、新緑の黄緑色の葉と深緑の葉が入り混じってタペス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりの船旅

岡山県の玉野からフェリーで四国に渡りました。 バイク+人の運賃は瀬戸大橋の半分以下です。(^_^)v 天気も良く、潮風も爽やかで気持ちがいいです。 でも、瀬戸内海は船の通行量が多いので、おぃおぃぶつかるんじゃないの? と思うぐらい間近を通り過ぎていきます。 5月なだけに「こいのぼり」をたなびかせて進むフェリー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Go West、ちょっと旅に出ます

5月3日からゴールデンウィークの後半戦が始まり、近畿の高速道路は朝6時から渋滞が始まり8時ごろには「京都ー宝塚」の間がべったりと渋滞するようになりました。 そんな中、久しぶりにバイクで旅に出てます。 「京都ー宝塚」の間はだいたい50kmぐらいなのですが、高速道路の所用時間は約2時間となってました。 こんな有料低速道路をつか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

五芒星の魔除ステッカー 「清明神社」

友人から依頼がありまして、安倍晴明が祀られている「清明神社」で魔除ステッカーを買い求めてきました。 魔除のステッカーは「赤」と「青」の2枚入りです。 以前は完全に「白地に赤」、「白地に青」という配色だったのですが、今回のものは「薄いピンクに赤」、「薄い水色に青」という配色に変わっていました。 個人的には白地のステッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪の世界遺産「白川郷 合掌造り」

高山の次に訪れたのは世界遺産となって有名な「白川郷 合掌造り」です。 一面、雪景色なんですが、背が高くて急勾配な萱葺きの屋根が独特の景色になってますね。 こちらは、小高い丘から白川郷を見下ろした写真です。 ちょっとアップにしてみました。 実際には雪に埋もれてます。 萱葺きの屋根からぶら下がるつららも…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

雪の飛騨高山旅行

こんばんは、バッキーです。 2月の3連休はこの冬一番の寒波到来でしたね。 京都もがっつり雪が積もりましたが、実はその頃バッキーは飛騨高山に行ってました。(笑) 岐阜県はお昼頃から雪が降り始め、お昼ご飯を食べている間にいきなり銀世界になってました!!飛騨高山に着いたころにはすっかり雪国で気温はなんとマイナス4度でした。ぶるぶる~…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

宇治のちょっと変わった公衆電話ボックス

携帯電話が普及したせいか、公衆電話がすっかり減りましたね。 でも、NTTには市街地なら500メートル四方、その他は1キロ四方に1台ずつ、「第1種公衆電話」(約11万台)の設置が義務付けられているんですよ。 ところで、京阪電車の宇治駅には平等院鳳凰堂に似せた公衆電話ボックスがありました。 なかなかおしゃれですよね。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

四万十川遠征紀行 その9: 四万十川の河口

せっかくだからということで四万十川の河口まで行ってきました。 太平洋上に台風が来ていたこともあり、打ち寄せる波も荒々しく感じます。 向かって右側が四万十川、左側が太平洋です。 おだやかに流れる四万十川と波の荒い海岸がとても印象的でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四万十川遠征紀行 その4: 太平洋を望む桂浜

讃岐うどんの大盛りをあっという間に3軒立て続けにはしごして、さすがにもうお腹いっぱいです。(苦笑) 同行の讃岐うどん初心者が「もっと讃岐うどんを食べたい」と言い出したときのために、あと2軒ほどめぼしはつけてあったんですが、さすがに彼らも満腹状態だったのでこれでうどんは打ち止めです。 さて、そろそろ今夜のお宿、高知市に向かいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more