テーマ:四国

絶品スイーツ 「霧の森大福」

「霧の森」では名産のお茶を使った「霧の森大福」という和菓子(和スイーツ)が超お勧めです。 「霧の森大福」は「霧の森ふれあい館」で販売されてます。 美味しすぎて「一人三箱」しか買うことができません。 そんな「霧の森大福」がコレです。 一箱に8個、こんな大福が入ってます。 包みを開けると、緑の大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高速インターすぐの自然リゾート 「霧の森」

「霧の森」は高知自動車道の新宮インターを降りてすぐの場所にある自然リゾートです。 新宮町は四国山脈のど真ん中にあり、高速道のインターができるまでは交通の便がとても悪い町でした。 でも、インターができたことで交通の便が良くなり名産のお茶をメインにして川遊び・食事・温泉がたのしめるちょっとした観光スポットになってます。 「霧の…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

レンタルカヌーの「シマムタ共遊国」

去年の10月に四万十川カヌーツーリングでお世話になった「シマムタ共和国」 「シマムタ共遊国」さんのホームページが新しいURLに変わったようです。 あたらしい「シマムタ共和国」 「シマムタ共遊国」さんのホームページはこちらです。 【2008.05.14 修正】 いままでずっと「シマムタ共和国」だと思っていたのですが、正し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

四万十川遠征紀行 その12: 最後の締めくくりに「びんび屋」で爆食です

さて、なんやかやで2泊3日の四万十川遠征も終わりに近づき、関西に向かって高速道路で移動です。 ルートは高知自動車道→徳島自動車道→神戸淡路鳴門自動車道→山陽自動車道→中国自動車道→名神自動車道、まぁ、そのままずっと高速道路を走っていくと4時間ちょっとですね。 でも、時刻は夕方、そろそろお腹が空いたよね。(笑) ということで、少…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

四万十川遠征紀行 その11: 高知のお土産 「芋けんぴ」

徳島の「鳴門金時」ほどではありませんが、高知もサツマイモが美味しいところです。 で、高知のお土産でオススメなのがJR高知駅の2階で販売されている「芋けんぴ」です。 細切りにしたサツマイモを揚げて砂糖蜜を絡めたシンプルなお菓子なんですが、食べ始めたら手が止まらないんですよ。(笑) ちなみに普通にスーパーマーケットで手に入る「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四万十川遠征紀行 その10: 太平洋を望む露天風呂 「土佐 黒潮本陣」

さて、3日間遊びまくってましたが、そろそろ京都に向けて帰る時間となりました。 でも、まだ遊び足りない。 とりあえず温泉でも入ろうということで、太平洋が望める露天風呂の「土佐 黒潮本陣」に立ち寄りました。 露天風呂から見える太平洋はこんなかんじです。 ここの黒潮工房では「焼きたての鰹のたたき」が食べられるのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四万十川遠征紀行 その9: 四万十川の河口

せっかくだからということで四万十川の河口まで行ってきました。 太平洋上に台風が来ていたこともあり、打ち寄せる波も荒々しく感じます。 向かって右側が四万十川、左側が太平洋です。 おだやかに流れる四万十川と波の荒い海岸がとても印象的でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四万十川遠征紀行 その8: 2日目の夜は四万十川の民宿で

さて、カヌーツーリングの続きです。 流れが緩やかな四万十川ではけっこうパドルで漕がないと先には進みません。 半日だけではありましたが、けっこう体力勝負だったかも。(苦笑) 17時にカヌーツーリング終了。シマムタ共和国 シマムタ共遊国のおじさんに近くの民宿を手配してもらってそそくさと宿に向かいました。 民宿の晩御飯はこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

四万十川遠征紀行 その7: ようやく四万十川カヌーツーリング(笑)

さて、1日目はとにかく「喰う!」がメインでしたが、2日目は「カヌー」がメインです。 しかも清流 四万十川。 朝からみんなやる気満々なのですが、ふらふらと寄り道してたりしたら四万十川に着いたのはお昼前でした。まぁ道中も楽しめたのでいいんですけどね…。 さて、四万十川にはカヌースクールやカヌーレンタルをやっているところが多…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

四万十川遠征紀行 その6: せっかくなので土佐の旨い地酒も呑もう

さて「つづき」で一通り食べて食べるほうは満ち足りてきましたが、残念なことに「つづき」の日本酒はいまひとつなモノが多いので(というか、銘柄はしっかりそろえているけど味が土佐(高知)の地酒とは程遠くて…)、次は日本酒の美味しいお店 「ごまめのはぎしり」へと向かいました。 「ごまめのはぎしりは」きらびやかな帯屋町アーケード街の裏路地でひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四万十川遠征紀行 その5: 高知に来たらやっぱり鰹でしょう

男3人でしばらく海を眺めながらボーっとしてました。 海を見ているといつまでたっても飽きないのですが、そろそろ次に移動です。 H先輩が「温泉に入りたい」とのたまうので、「ながおか温泉」というところに行きました。 「ながおか温泉」はプールを併設してある温泉なのですが、統一料金だったので温泉だけ入りたい人には割高だと思います。 露…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四万十川遠征紀行 その4: 太平洋を望む桂浜

讃岐うどんの大盛りをあっという間に3軒立て続けにはしごして、さすがにもうお腹いっぱいです。(苦笑) 同行の讃岐うどん初心者が「もっと讃岐うどんを食べたい」と言い出したときのために、あと2軒ほどめぼしはつけてあったんですが、さすがに彼らも満腹状態だったのでこれでうどんは打ち止めです。 さて、そろそろ今夜のお宿、高知市に向かいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四万十川遠征紀行 その3: まずは、かけつけ3杯 の 3杯目 「山内」の讃岐うどん

ここまで、納屋の裏で食べる怪しげなうどん屋「池内」、かまたまで超有名な「山越」ときましたが、讃岐うどん初心者にはあの「恐るべきさぬきうどん」の第1巻の1話で「くねくねと上がったらそこにある」と書かれた「山内」も食べてもらいたいですね。 (というか、本音は自分が山内の「ひやひや」を食べたかったからなのですが、苦笑) ということで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四万十川遠征紀行 その2: まずは、かけつけ3杯 の 2杯目 「山越」の讃岐うどん

さて、もちろん讃岐うどん1杯だけでは物足りませんね。 ということで、美味しくて超有名な「山越」に行くことに。 (近年は行列が長いので遠慮していたのですが、讃岐うどん初心者にココの「かまたまうどん」を食べさせたかったんです) まぁ、池内から山越までは車で5分も掛からないので、あっという間に山越に到着です。 でも、お昼の良い…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

四万十川遠征紀行 その1: まずは、かけつけ3杯 の 1杯目 「池内」の讃岐うどん

会社の先輩と「四万十川でカヌーに乗りたいねぇ」ということになり、3連休を利用して遊びに行ってきました。 もちろん、たんにカヌーに乗るだけではなく道中の美味しいものもいろいろと楽しんできたので、これから「四万十川遠征紀行」としてシリーズでアップしていきたいと思います。 まずは、往きの道中から。 3連休初日とあって高速道路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more