Firefox 24で「エラーコンソール」が「ブラウザコンソール」に統合されました

2013年9月18日未明に Firefox 24がリリースされました。
このリリースで、いままで利用してきた「エラーコンソール」が devtoolsの「ブラウザコンソール」に置き換えられてしまいましたが、「ブラウザコンソール」は詳細な情報を表示できる反面、Javascriptのデバッグで「エラー」、「警告」、「メッセージ」を切り替えて確認しずらくなりました。

「エラーコンソールのメリットとデメリット」
表示がシンプル
ショートカットキーで「エラー」、「警告」、「メッセージ」の表示を切り替えられる
ショートカットキーで消去できる
他の情報(例えばネットワークに関するもの)を表示するには別のツールを使う必要がある


「ブラウザコンソールのメリットとデメリット」
さまざまな詳細な情報を表示できる
ショートカットキーで表示が切り替えられない


そこで about:config を開いて、devtools.errorconsole.enabled = true を設定し、エラーコンソールを復活させました。

尚、エラーコンソールを開くためのショートカットキー Shift + Ctrl + J はブラウザコンソールに割り当てられましたので、エラーコンソールを開くには ツールメニュー → Web開発 → エラーコンソール とメニューを開く必要があります。

エラーコンソールの画面キャプチャ
画像


ブラウザコンソールの画面キャプチャ
画像






追記:

ショートカットキーでエラーコンソールが表示できないのは不便なので、対処方法を見つけました。

対処方法は
  1. 拡張機能 "keyconfig"をインストールする
  2. keyconfigでブラウザコンソールのショートカットキーを削除する
  3. keyconfigでエラーコンソールを開くショートカットキーを作成する
です。

keyconfigでブラウザコンソールのショートカットキーを削除するには、ブラウザコンソールを選択して「キーを削除」ボタンを押すだけです。
画像


keyconfigでエラーコンソールを開くショートカットキーを作成するには、次のような手順になります。
  1. 「新しいキーを追加」ボタンを押す
  2. ショートカットキーの名前とエラーコンソールを開くためのコマンド toJavaScriptConsole() を入力する
  3. OKボタンを押す
  4. 追加されたキーにキーコンビネーションを設定する

画像





参考:
Mozilla Developer Network - エラーコンソールの説明
Mozilla Developer Network - ブラウザコンソールの説明



"Firefox 24で「エラーコンソール」が「ブラウザコンソール」に統合されました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント