消毒用アルコールの濃度を計算できるスプレッドシートを公開してます

以前から自分用に使っていたのですが、新型コロナウイルスの感染予防のために消毒薬のアルコール濃度を調整したい人が多いようなので、誰でも使えるようにブログで公開することにしました。
(Yahoo!知恵袋の回答では先行して公開してました)

"消毒用アルコールの濃度の計算 (共有用)"
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1ffjkRpeVDVZkva18q7DATpPxhtla3Ch7EXHgV_4_yro/edit#gid=0

消毒用アルコールの濃度の計算 (共有用) - Google スプレッドシート_20200416-150739.png


計算できるのは次の3パターンです。

パターン1:
元となる消毒薬の量、アルコールの濃度、添加するアルコールの濃度、作りたい消毒薬のアルコール濃度 から 「添加すべきアルコールの量」を計算する

パターン2:
元となる消毒薬の量、アルコールの濃度、添加するアルコールの濃度、添加するアルコールの量 から 「出来上がった消毒薬のアルコール濃度」を計算する

パターン3:
元となる消毒薬のアルコールの濃度、添加するアルコールの濃度、作りたい消毒薬のアルコール濃度、作りたい消毒薬の量 から 「元となる消毒薬の量」と「添加するアルコールの量」を計算する


どうぞ、このスプレッドシートを活用して、新型コロナウイルスの感染予防にお役立てください。


尚、アルコール濃度は多少低くても十分除菌能力があります。アルコール濃度が70%でなければ除菌できないなんてことはありませんのでその辺りは柔軟に対応なさってください。

参考:
"アルコールと殺菌の話 - 花王"
https://www.kao.co.jp/pro/hospital/pdf/08/08_05.pdf

※ アルコール濃度が低くても除菌できていることがデータとして示されています

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント