ストリートビューの現在位置を地図に反映させる方法

Googleマップのストリートビュー表示はわりと便利で、道路状況や店舗の状態を確認できたりしますが、ストリートビューで移動した後にストリートビューを終了させると、出発地点の地図に戻ってしまってがっかりしますよね。

ということで、ストリートビューで最後に表示していた地点を地図に反映させる方法を覚書として残しておきます。
(ウェブ版 Googleマップでの事例です)


ブラウザでストリートビューを表示させているときに、そのページのURLには現在表示している場所の緯度・経度が含まれています。
(@マークのすぐ後ろ)

なので、その部分だけを抜き出して Googleマップで検索すると地図の中心がその座標になります。
つまり、これでストリートビューの現在位置を地図に反映できるということです。

尚、検索結果はズーム率が低くて地図の中心がよく分からないこともありますので、その場合は

http://www.google.co.jp/maps/@緯度,経度,20z

というような感じで直接URLを入力してみてください。
最後の 20z がズーム率を表していて、かなり拡大している状態になりますよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント