Raspberry Pi Zero WHを購入(衝動買い)しました

ふらりと「京都 寺町のマルツ」に立ち寄ったら "Raspberry Pi Zero WH" が売られてました。
"Raspberry Pi Zero W"がリリースされてからずっと心引かれるものがあったのですが、ずっと入手困難な状態だったので買えずにいたんでした。

まぁ、なくても困らないということでなんとなくやり過ごしていたんですが、でも目の前で現物を見ちゃうとダメですね。
物欲に負けてつい購入してしまいました。(苦笑)

とりあえずヘッドレス(モニタ、キーボード、マウスなし)でセットアップすることにして、本体+ケースで約2800円、microSDカード 16GBが約1000円となりました。
(当面、電源アダプタは家に余してあるものを流用するつもりです)

さっそく中身拝見、本体の箱の中に入っていたのは静電気防止の袋にはいった基板1枚だけでした。
マニュアルすら入っていないとはさすがです。(って、なにが「さすが」なんだか)

画像


ケースは上蓋が3枚(穴なし、GPIOの穴あり、カメラ用の穴あり)と下蓋、ゴム足4ヶ、ケース組み込みカメラ用のフラットケーブルが入っていました。
でも、Pi Zero WHはヘッダーピンが半田付けされているので蓋2枚とカメラ用のフラットケーブルは使い道が無いようです。


それにしてもコンパクトですね。
手のひらに2個は載せられるぐらいなので、ヘッドレスで電子工作するのにぴったりではないでしょうか。

画像



これで我が家の Raspberry Piは Pi3に続いて2台目となりました。
Pi3はサーバー機として定期的な処理を実行させているので Pi Zero WHは手元で電子実験・電子工作に活用してみようかと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック