2017年1月18日にリリースされた Googleスプレッドシートの新機能について

Googleの各種サービスは日々少しずつ変化していってますが、2017年1月18日に Googleスプレッドシートが「セルの挿入と削除に関する新機能」をリリースしました。

従来のスプレッドシートでは挿入・削除ともに行あるいは列での操作しかできませんでしたが、それに加えて「セルの挿入と削除」がサポートされました。

百聞は一見にしかず、下記のような感じで表の真ん中にセルを挿入したり削除したりできました。
これで、スプレッドシートの作りこみもかなりやり易くなるのではないでしょうか。


元のスプレッドシート:
画像


挿入したい場所でセルを選択 → 左クリック → セルを挿入 → 右に移動
画像


セルが挿入され、それまであったセルは右側に移動してます
画像


挿入したい場所でセルを選択 → 左クリック → セルを挿入 → 下に移動
画像


セルが挿入され、それまであったセルは下側に移動してます
画像


削除したいセルを選択 → 左クリック → セルを削除 → 左に移動
画像


セルが削除され、右側のセルが左に移動してます
画像


削除したいセルを選択 → 左クリック → セルを削除 → 上に移動
画像


セルが削除され、下側のセルが上に移動してます
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック