Linux用の Chrome 32ビット版のサポート停止が発表されました。

Chromeがオープンソースで開発されていることは、みなさんご存知だと思いますが、Chromeの開発者向けの情報として「Linux用の Chrome 32ビット版のサポート停止」が発表されました。

サポートの停止予定は 2016年3月で、それ以後は更新もセキュリティFixも提供されなくなります。

"Updates to Google Chrome Linux support - Google グループ"
https://groups.google.com/a/chromium.org/forum/#!topic/chromium-dev/FoE6sL-p6oU

Hi Everyone,

To provide the best experience for the most-used Linux versions, we will end support for Google Chrome on 32-bit Linux, Ubuntu Precise (12.04), and Debian 7 (wheezy) in early March, 2016. Chrome will continue to function on these platforms but will no longer receive updates and security fixes.

We intend to continue supporting the 32-bit build configurations on Linux to support building Chromium. If you are using Precise, we’d recommend that you to upgrade to Trusty.

Kind Regards,

-- Dirk

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック