Picasa3の顔データベースを解析しています

Picasa3は Googleから入手できる画像/写真/動画の管理ソフトです。
写真などを管理できるとともに Picasaウェブアルバム/Google+ へのアップロードができるので重宝してます。
また、特徴的な機能として写真に写っている顔を認識できるようになっており、写真の管理に一役買ってます。

認識された顔は一覧で表示できるので、時系列で並べると表情の変化が分かって面白いです。
(特に成長が著しい子供の顔は見ていて楽しいと思います)

ところが、当然ながら顔の一覧は Picasa3上でしか表示できませんし、顔写真の一覧を印刷する機能はサポートされていません。

そこで、認識された顔データを何とかして Picasa3のデータベースから取り出そうと画策中です。
Picasa3のデータベースは独自形式のデータベースですしその仕様は公開されていませんので、地道にデータベースを解析するしかありません。

とりあえず、ちょっとしたツールを開発して、生のデータを覗くことができました。
次はデータ間の関連性を調べる予定です。

上手くいけば、顔データ抽出ソフトを公開できるかもしれません。


P.S.
写真上の顔の位置データを取得できそうなので、特定の顔あるいは特定の顔以外は塗りつぶすという処理も自動化できると思います。


[2013/12/08 追記]
データ間の関連性が判ってきて顔認識関連のデータを取り出せる目処がたちました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック