Firefox 21にアップデートしたらサスペンドから復帰したときに無反応になる

Firefoxを 21.0にアップデートしてから、サスペンドから復帰(resume)したときに Firefoxが無反応あるいは反応がとても遅い状態になってしまいました。
復帰時に必ず起こるというわけではなさそうなので、サスペンド時に開いていたページに関連があるのかもしれません。

もしかすると Javascriptが処理中にサスペンドすると、復帰時に「応答のないスクリプト警告」に引っかかっているのかも?

ということで、とりあえず dom.max_script_run_time をデフォルトの 10から 20に変更してみました。

これで、しばらく様子を見ることにします。


[2013/06/06 追記]
残念ながら dom.max_script_run_time の変更では、この現象を解決できませんでした。
でも、なんとなく無反応になる原因がつかめたような感じです。
問題はどうやって回避するかなのですが、いまのところいいアイディアがありません。
もうすぐ Firefox 22 がリリースされるので、このまま様子を見るしかないかも、、、

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック