Firefox: URLバーの「タブの切り替え(moz-action:switchtab)」を無効に

FirefoxのURLバー(スマートロケーションバー)はかなり使い勝手のよい補完機能を持っています。
でも、唯一気に入らないのが「タブの切り替え(moz-action:switchtab)」機能です。
Mozilla曰く「スマートロケーションバーで検索したりする際、もし開いていた場合はその既存のタブが表示されるので、同じページを重複して開かずに済みます。」ということなのですが、「同じページを重複して開きたい」のにそれができなくて非常に不便なのです。
しかも、「タブの切り替え(moz-action:switchtab)」を無効にするような設定方法が提供されていないので「小さな親切、大きなお世話」的な機能になっていると思います。
そこで、私が公開している拡張機能 "Change Max Rows of Autocomplete In URL Bar"を改良して「タブの切り替え(moz-action:switchtab)」を無効(停止)できるようにしました。

拡張機能 "Change Max Rows of Autocomplete In URL Bar"の初期設定では従来どおり「タブの切り替え(moz-action:switchtab)」が有効になっています。
インストール後にアドオンマネージャから「設定」を開いて "Disable moz-action:switchtab"にチェックマークを入れて「タブの切り替え(moz-action:switchtab)」を無効にしてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック