Firefoxの拡張機能「Fasterfox」がこっそりウェブサイトのアクセス状況を情報収集していた

FirefoxのCookieの操作状況の統計を取るために拡張機能を作っていてふと気が付いたのですが、Fasterfoxが api.wips.comにこっそりと情報を送信してました。

調べてみるとどうやらウェブサイトのアクセス状況を情報収集しているようです。(突っ込んで調べていませんが、他にもなにか集めているかも)

Fasterfoxの作成者のサイト www.wips.comを見てみるとプライバシーポリシーに情報収集していることが書かれていました。
画像


ウェブサイトのアクセス状況だけでは個人の特定は難しいかもしれませんが、Firefoxの Configを見るとwips関連のエントリに個人を示す一意のIDが登録されていたので非常に気持ち悪いです。

そして最悪なのは
・拡張機能が自動更新されているのでこういう変更に気が付きにくい
・設定画面で情報収集を停止させる方法が提供されていない
ということです。

うーむ、困ったものです。:-(


ちなみにFasterfoxのバージョンとリリース時期は以下の通りです。

バージョン 3.9.6Lite Released 2012/04/05
バージョン 3.9.5Lite Released 2012/03/19 ← 情報収集機能が組み込まれた
バージョン 3.9.4Lite Released 2012/03/06
バージョン 3.9.1Lite Released 2011/02/09
バージョン 3.9Lite Released 2010/12/02

ということで、こういう情報収集が嫌いであれば Fasterfoxを止めて同等の機能を持つ他の拡張機能に切り替えるか、古い Fasterfoxに戻して2度とFasterfoxをアップデートしないことですね。


[2012.05.24 追記]
その後の確認内容を【続編】にまとめました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック