正統派フレンチでがっつり満腹 「メゾンドゥース」

ラッキーなことにフレンチをおごってもらえることになりまして、遠慮なしにゴチになりやす って感じで爆食してまいりました。(笑)

ということで、今回は京都プリンセスホテル内のフレンチレストラン「メゾンドゥース」へGo! Go!

メゾンドゥースへ訪れたのは12時30分過ぎだったのですが、すでに予約で満席状態、うーむ、初手からちょっと情けない状態です。
ホテル内には中華・和食など他にもレストランがあるのですが、メゾンドゥースを選んだのは理由があるのでここで負けてはいけません。
店員さんに入店可能な時間を尋ね、ちょっと遅めのランチになってしまいますが、1時間ほどWaitingとなりました。
このままロビーでじっとしていてもしょうがないので、ホテルの周りをぶらぶらと散策です。
おかげで、ずっと気になっていた居酒屋の場所や美味しい塩ラーメンを食べさせてくれるラーメン屋がまだ健在なのを確認、ついでに寺町まで足を伸ばしてパソコンショップの偵察まで済ませることができました。

さて、待つこと1時間足らず、ようやくメゾンドゥースへ入店です。
ランチは4000円のコースと6000円のコースなのですが、今回はおごりなので全員6000円のコースを注文です。(笑)
ちなみに、どちらのコースにも食後にデザートワゴンが付いてます。(というか、メインよりもデザートが目的だったりするのですが、笑)

さて、まずはWelcome Plateです。
「スパイス(キャラウェイシード)を効かせた茄子のペースト」と「白身魚の南蛮漬け風マリネ」がちんまりと盛られてました。
茄子のペーストはスパイスに不慣れな人にはちとつらいかもね。
画像



そして前菜。
「伊勢海老のクロックムッシュ」と「オニオンのソルベ(シャーベット)」です。
ソルベをひとくち口に入れた瞬間「うぁ、タマネギだ」と思わせるものでしたが、あんがい美味しかったです。
画像



パンは小ぶりでこんな感じです。
「小ぶりのフランスパン(丸型、ちょっと堅い)」と「クルミが入ったパン(丸型、ふんわりと柔らかい)」で、僕は2回半(計5個)もお代わりしてしまいました。(笑)
画像



スープはこんな感じです。
「レンズ豆のスープ」に「北海道産ほたてのグリエ」と「フォアグラのグリエ」が入ってます。
フォアグラはちょっと肝って感じでいまひとつでしたが、ほたてが分厚くて甘くて美味しかったです。
画像



メイン1の魚はこんな感じです。
「白身魚のポワレ、バタークリーム」、魚の名前は失念してしまいました。(_o_)
とくにインパクトはありませんでしたが、普通に美味しかったです。
画像



メイン2のお肉はこんな感じです。
「小鴨胸肉のコンフィにかぶらのコンポート添え、ベリーと赤ワインのソース」です。
かぶらを赤ワインでコンポートしたものを初めて食べたので、ちょっと面白かったです。
鴨のコンフィもいい感じでした。
画像



そしておまちかねのデザートワゴンです。
「お好きなものをどうぞお選びください」と言ってくれているので、もちろん遠慮なしに「全部ください。たっぷり目でお願いします」と言ってしまいました。(これぞ爆食の基本ですね、笑)
画像


左上から、りんごのタルト、木いちごのムース、アーモンドクリームとドライフルーツのタルト、 洋ナシのタルト、バニラアイス、ココナッツアイス、マンゴーアイス、マロンのミルフィーユ、ショコラケーキ、パッションフルーツのケーキ、コーヒーケーキ、と計11種類をどかんと乗せていただきました。(笑)



それと写真を撮り忘れてしまいましたが、食後のコーヒーとセットで「小ぶりのフィナンシェ(しっとりもっちりしてて美味しかった)」と「小ぶりのマカロン(ほのかなチョコ味も意外と美味しかった)」もありました。

こんなステキなランチに誘ってくださって、そしてご馳走してくださって Yさん、とても感謝してます。また、美味しいものを食べに行きましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック