四万十川遠征紀行 その7: ようやく四万十川カヌーツーリング(笑)

さて、1日目はとにかく「喰う!」がメインでしたが、2日目は「カヌー」がメインです。
しかも清流 四万十川。

朝からみんなやる気満々なのですが、ふらふらと寄り道してたりしたら四万十川に着いたのはお昼前でした。まぁ道中も楽しめたのでいいんですけどね…。
画像


さて、四万十川にはカヌースクールやカヌーレンタルをやっているところが多いのですが、我々は「シマムタ共和国」 「シマムタ共遊国」というところに行きました。

無謀にも飛び込みで行ったんですが、快く貸してもらえてラッキー。
お昼からの半日ということで、シマムタ共和国 シマムタ共遊国から約12キロ上流まで我々とカヌーを運んでくれました。
ちなみにレンタル料は1艇(カヌー、パドル、ライフジャケット、ヘルメット)が4500円です。

でと、さっそく四万十川に漕ぎ出しまして川の上はこんな感じです。
画像

画像


中間地点の沈下橋で小休止。で、おもむろに童心に返って沈下橋から飛び込んでみたりとカヌーだけではなく、なにかと楽しい四万十川です。(笑)
画像

画像

画像

画像


カヌーツーリングはここら辺りから出発しました。



【2008.05.15 修正】
シマムタ共遊国のホームページが移動したようなのでリンクを修正しました。

【2008.05.14 修正】
いままでずっと「シマムタ共和国」だと思っていたのですが、正しくは「シマムタ共遊国」でした。
なんでこんな勘違いしてたのかなぁ。。。(苦笑)

【2008.05.14 追記】
「シマムタ」の謎が解けました。
どうやらホームページのURLが変更になったタイミングで名前も変わったようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

カヌー愉しいですね。
2007年10月17日 12:27
小学生を連れて数年前に行きました。
着くまでが山道の長距離で大変でした。
子供たちは、車の中で爆睡でしたが、カヌーに乗ると止められず、返さないといって困りました。結局夕食前まで延長しました。
ほんとに楽しいですよ。
讃岐屋
2007年10月17日 12:43
失礼しました。前のコメント私です。
私が遊んだのは、四万十川市旧西土佐町でした。
2007年10月17日 12:54
そうですか、讃岐屋さんはカヌーツーリングの経験者だったんですね。
我々が行ったときも子供連れの人がいました。
小さい子供だったので、家族でカナディアンカヌーに乗られてました。

旧西土佐町への道は1.5車線ぐらいの道がほとんどなのでたしかに道中が大変かも。
子供がメインなら「四万十カヌーとキャンプの里かわらっこ」というところが交通の便がよさげですよ。
讃岐屋
2007年10月18日 11:04
いえいえ、たいしたことではないんですよ。
小学生の野球部が高知へ遠征した時(逆だ、夏休みどこかへ連れてけ、というので、
キャンプを目的にどこかお付き合い頂ける小学校を探したところ、
高知大学の近くの学校にお引き受けいただいて
交流試合をしたものでした。)
に始めてカヌーに乗ったもので、それ以外にはありません。トホホ(笑)
ただ、思う以上に簡単で安全な乗り物に思えました。(流れがおだやかだったこともありますが。)
次回子供たちから希望があれば「四万十カヌーとキャンプの里かわらっこ」調べてみます。

この記事へのトラックバック

  • レンタルカヌーの「シマムタ共和国」

    Excerpt: 去年の10月に四万十川カヌーツーリングでお世話になった「シマムタ共和国」さんのホームページが新しいURLに変わったようです。 Weblog: バッキーの日々是爆食 racked: 2008-05-14 00:55
  • 清流 仁淀川の「こいのぼり」

    Excerpt: 高知県で「こいのぼり」と言えば数百匹が空中を泳ぐ四万十町十和が有名ですね。 でも和紙の街「いの町」は和紙で作った「こいのぼり」が川の中で泳いでました。 Weblog: バッキーの日々是爆食 racked: 2012-06-08 07:52