バッキーの日々是爆食

アクセスカウンタ

zoom RSS Raspberry Pi3の稼動中の温度について

<<   作成日時 : 2016/05/30 14:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

とりあえず、セキュリティの設定を行って自分用のアカウントを作成しただけで少し様子をみてますが、気になるのはやはり稼動中の温度です。
ケースに空気穴はあるもののヒートシンクなし、冷却ファンなし、自然対流による冷却でどれぐらいの温度になるのでしょうか?

Raspberry Piはつぎのコマンドで簡単に温度を取得できるようになっています。
$ cat /sys/class/thermal/thermal_zone0/temp

あるいは

$ vcgencmd measure_temp

で、温度を確認してみたところ、完全ケース入り、ヒートシンクなし、冷却ファンなし、自然対流による冷却、アイドリング状態では約56度でした。
蓋を外して、より外気に触れられるようにしても、約53度と高めでした。


なので、アイドリングの状態でこれはちょっと高めかな? と思うので、ヒートシンクの装着と冷却ファンの導入を考えています。

ヒートシンクはピンキリですが、Amazonで 300円ぐらいから900円ぐらいでした。
パーツ屋さんで探すともっと安いものが見つかるかもしれませんが、時間と手間を考えれば Amazonで購入が楽かもしれません。

冷却ファンは DC5Vのものが色々とありますが、100円から300円ぐらいでしょうか。
冷却ファンはたまたま手元にノートパソコン用の冷却ファンがあったので、これを流用して GPIOから 5Vもしくは 3.3Vを取り出せばなんとかなりそうです。

ただ、ケースの加工やらなんやらを考えると少し手間がかかりますね。

なので、これから Raspberry Piの購入(特にPi3)を考えておられる方は、ヒートシンクと冷却ファンがセットになったケースを購入されるといいと思います。
今なら、私がマルツで買った専用ケースとほぼ同じ値段でヒートシンクと冷却ファンも付いてますのでお買い得だと思いますよ。








追記:
とりあえずヒートシンクを Amazonでポチりました。

追記 その2:
ヒートシンクと冷却ファンがセットになったケースですが、定価は 2800円のようです。 今ならセール中で半額以下の1280円なので、買うなら早目がよいと思います。


追記 その3:
こういうケースもあるようです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Raspberry Pi3の冷却ファンの試み その1
Raspberry Pi3の稼動温度が高いので、冷却について検討してます。 ...続きを見る
バッキーの日々是爆食
2016/06/02 19:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Raspberry Pi3の稼動中の温度について バッキーの日々是爆食/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる